2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.09.05 (Mon)

小児科医 毛利子来さん講演会「健康のためなら死んでもいいのか」

日本全国をかけまわり、講演会活動を行う小児科医 毛利子来さんの講演会を行います。

子育てや小児医療の問題などについて語ってくれます。無料ですので、お時間の有る方はぜひ!


日時:2011年9月7日

   18:00~21:00

場所:ホテル第一会館


毛利子来(もうり・たねき)さん
1929年生まれ。岡山医科大学卒業。
... 現在、東京で小児科医院を開業。育児相談と母子保健に力を注ぐ「ワクチントーク・全国」元 代表。子どもの健康誌『ちいさい・おおきい・よわい・つよい』編集代表。
薬やワクチンなどに頼らない医療を提唱し、日本全国で子どもや親を元気づけ活動をしています。
『赤ちゃんのいる暮らし』『幼い子のいる暮らし』『障害をもつ子のいる暮らし』『新エミール』(以上筑摩書房)『育児のエスプリ』(新潮社)『育育児典』『たぬき先生の人生相談』(岩波書店)『子育ての迷い解決法10の知恵』(集英社新書)『絵本ひとのからだ』(岩崎書店)『健康のためなら死んでもいいのか』(金曜日)などと著書は多数。
こどもの母親たちから、「たぬき先生」と呼ばれ、親しまれている毛利子来(もうり・たねき)先生。先生の病院に来ると、家ではぐったりしていた子どもが、はしゃぎまわることもあるそうです。子どもからも親からも愛されている先生が今回は、いろいろなお話をしてくれます。


我が家もお世話になりました。

妻は行きますが、私も行けたら行きたいな~


多くの日本人が常識だと思っていることが、実はものすごく狭い世界での常識だったり。

そんな神話はなにも原子力だけではないです。

最新の現代医学はガンを克服できましたか?

いえ、克服どころかめちゃくちゃ増えてるんですよ、お手上げ状態なんです、医学は。

ガン細胞を三大治療で殺して、それでガンが完治ってことですかね、ガンは何故なるのでしょう。

ワクチン効いてますか?

張り切ってインフルエンザワクチン接種して、その冬、インフルエンザ罹りませんでしたか?

成人してからでも血中に直接、薬物を入れるっていう行為はほとんどしません。

それを生後間もない幼児に、しかも次から次へと接種します。

今でこそ強制ではなく任意となりましたが、そこがまたこの空気を読む国民性、その場の空気に流される国民性、はみ出し物を許さない国民性、で、おかしいんじゃないかなと思ってもなかなか異を唱えることは出来ない現状もあります。

体の中に入って来る薬物はすなわち毒物です。


おっと~~暴走しそうなんでここら辺で制します。w


しかしながら原発だけが問題なんじゃないんですよ。

原子力、医療、食、建築偽装、金融や経済事件などなど、根っこはみんな一緒っ!


スポンサーサイト
21:33  |  育児  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nikonikokitchen.blog33.fc2.com/tb.php/837-37e87b55

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。