2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.08.24 (Mon)

ん?

P8230069.jpg

七輪の上に・・・植木鉢?

【More・・・】

P8230071.jpg

カボチャを丸ごと焼いてみました。
焼けてるか微妙でしたが包丁を入れた瞬間妻は「おっ!」っと。
柔らかい手応え。
しっとりで美味しかったです。

P8230068.jpg

主役はこっち、これが終わってからの余り火でカボチャを焼きました。
トマトケチャップ、ガスで煮ると1時間以上かかるので炭でやったらどーかなってことで試しにやってみました。
なかなか良い感じ。七輪で充分煮込めました。

P8230070.jpg

ほんで昨日は倶知安ロッカーズのリーダーとその彼女を招いて、我が家でちょっと早めの夕食会!
早目だから愛珠も一緒。
実はリーダーのお母さんが先月に亡くなって大阪に帰郷していてお盆前にはこっちに帰って来ていたのだが、まあそろそろ落ち着いたかなってことで誘い出してみました。

人は必ずいつかは死ぬし、親は順番から行けば先に死ぬ。
誰でも必ず通る道。
受け止めるのは本人だし乗り越えるのも本人である。

ちなみに私の両親はすでに他界している。
そこだけは確実に彼より先輩だということで帰郷する時、偉そうにアドバイスをした。

「悔いだけは残すなよ」
「精一杯見送ってやれ!」

私の母親は私が21歳の時にガンで、抗がん剤の副作用に散々苦しみながら死んでいった。
そんな苦しみやつれていくなか、今ならしてあげられたことがたくさんあっただろう。
二十歳そこそこのクソガキだった私には一緒にご飯を食べに行くことすら照れくさいのかなんだか分らんが出来なかったし、もうすぐ死ぬからといって急に優しくも出来なかった。
たぶん、母は何も特別なことを望んでるんじゃなくて、ただ一緒に過ごす時間が欲しかっただけかもしれない。
と、こんなことすら察する心すら持ち合わせていなかった。
しかも亡くなってからそんなに時間が経つことなく、このことに気付きめちゃくちゃ後悔した。
2年もあった闘病生活の間にもっともっと一緒に時間を共有したかった。

だからリーダーにはそうアドバイスした。
親友達にもそんな話をするタイミングがあったら必ずこんなことをアドバイスしている。

いつも通りのリーダー、相変わらずのカップル。
ちゃんと消化してきたみたいかな。
一回り大きくなったんじゃない。
長い沈黙があっても気を使うこともない、家族との時間を過ごしたようだったな。
飯も美味かった。

でもね~人生って面白いもんで私も母親の死がなかったら今の自分は確実にないです!
ニセコにも全く辿り着けてないでしょう。ってことは今の家族とも出会えてないでしょう。
そんな人生の転機にもなりました。

家族が一人減ったけど、今度は増やせば良いじゃん!
一人や二人すぐ増えるぜぇ~!


ねぇ~~~!

P8220063.jpg

最高!

スポンサーサイト
21:38  |  我が家の食卓  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nikonikokitchen.blog33.fc2.com/tb.php/420-aefce19e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。