2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.03.23 (Mon)

村上先生を囲む会

三連休の最終日、昨日ですが急遽楽しみなイベントが入ってきたので妻の学校は後日補講を受けることにして、私達のお産を手掛けた助産師の村上先生を囲む会へ行ってきました。

年に一回、札幌より以南の地区の先生にお産をしてもらった人たちで開かれているみたいです。
場所は洞爺、遠くは函館近辺から伊達、室蘭、喜茂別、ルスツ、大滝、ニセコなど色々なところから子供も入れたら総勢30人以上か40人近くくらい集まっていました。

【More・・・】

P3220061.jpg

料理は参加者それぞれが一品づつ持ちよりでよりどりみどり。
蕎麦屋を営んでいる方もいて茹でたての蕎麦が出てきたり、ちなみにめっちゃくちゃ美味かったです!
ニセコ界隈で出店したら間違いなく三本指に入ります!
自宅出産を皆さんするくらいですから、価値観も似てるんでしょうか菜食的な我が家でも出てきそうな、真似したいくらいな品々がならんでました。
しかもみんな美味しいし、愛珠を放置していてテーブルの上の物をつまんでしまっても安心。

村上先生とも久しぶりの再会。
なんでだろう。こんなに会うのが楽しみな人ってなかなかいない。
北海道で自宅出産といったらこの方でしょう。
道内各地から引っ張りだこでいつも多忙な人でこの日もこの会場で二人の妊婦さんの検診も兼ねてるようでした。
出張出来る範囲は決まっていて遠方の人は札幌の先生の助産院でお産をする。
助産院と言ってもマンションの一室で風呂だろうが寝室だろうがリビングだろうが好きな場所で好きな格好でお産をさせてくれる。
ニセコは地元医療機関の協力が一切得られないので私達のお産はここでしました。
予定日一週間前まで自宅出産の夢を捨てず頑張ったのですが、でもこれもまた縁、愛珠は村上先生じゃなかったら確実に自然分娩では産まれてこれなかったでしょう。
病院だったらバンバン促進剤打たれてしまいには帝王切開だったと思います。
妻は何年か前に第二腰椎を破裂骨折をしていてそれが物凄く影響したのか一週間微弱陣痛が続いてこれが本人的には微弱どころではなくて寝れない毎日が続き、本物の陣痛が来ても出産まで72時間かかりました。
実際、破水してからはすぐ産まれたんですがここまでが長くて、私も三日間寝ないで付き添いました。
まず病院では三日も待ってくれないでしょう。
妻は股ぐらでこの世に産まれ出てきた愛珠を一番最初に母親自らの手で受け止めました。
「出てきたー」
妻の第一声。
ここからが病院とは全く違います。
しばらく妻の胸に抱かれる愛珠、妻に寄り添う私。
初めての授乳、そして後産で胎盤が出てきます。
それでもまだまだ三人は一緒にいます。
産後すぐに産湯なんかに入れなくてもいいんです。
産まれてきた愛珠は母親のもとにずーっといます。
この時間が非常に大切だといいます。
病院だとすぐにどっか持っていかれてしまいます。
こうして医療の介入がなく産まれるべく時に産まれてきた赤ちゃんはツルッツル、テカテカで出血もほとんどなく綺麗に産まれてくるそうです。
愛珠もそうでした。
今思い出しても神秘的な時間でした。

たぶん道内で出張で自宅出産してくれる助産師さんは数人いると思いますが、私達は村上先生に導かれてしまいました。
あまり大きな声では言えないんですが、とにかく大きい所の医療機関からは村上先生のスタンスは「NO」とはねつけられます。
万が一の時のためにいくつか協力してくれる病院があるのですが、わが町の病院は「自宅出産なんて絶対だめ」というスタンスなんで私達は札幌で産みました。
本来の自然なお産、自然な育児とは村上先生が主張していることなのに、理不尽なことにも負けずに戦っております。
そんな先生にひかれてしまいました。

全国的には医療崩壊が進むなか、出産年齢も高くなっているせいもあるのか、自然なお産も認められつつあります。ってかこれが本来のお産なのに認められるってのも変か。
私達も20代だったらここまで考えが至らなかったと思います。
妊娠と同時に仕事を辞めて、食っちゃ寝~の生活、出産前に10何キロも体重増えて・・・なんて生活してたらこの先生はどやしつけます。
昔の人は臨月直前までバリバリ仕事して、たくさん動いて、食事は質素で。
だから自宅でみんな産めたのよと。
小さく産んで大きく育てる。
妻は4.9キロ増でまずまず好成績でした。

PA130119.jpg


話は長くなったが(笑)、そんな村上先生とお産をした人達がたくさん集まったのだ。
みんな同じ匂いがする(笑)。
価値観が会わないはずがない。
とは言いすぎかもしれないが、いやでもホントみんな似たり寄ったりでしたよ。
子供たちもスゲー元気!
食べ物がホント美味しかったなー。

一人の助産師の情熱にこれだけの人が魅せられ集まりコミュニティが形成されていく。
素晴らしいことだ。
スッカスカのどこかの総理大臣とは大違いだ!

P3230065.jpg

愛珠もまたこの週末でだいぶお姉ちゃんになったね。

大きくなったら教えてね。

なんで出てくるときあんなに時間かかったの?





そろそろ次回は予防接種についてまとめますかな~。

スポンサーサイト

テーマ : 育児日記 - ジャンル : 育児

22:06  |  お産  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nikonikokitchen.blog33.fc2.com/tb.php/307-1514172c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。