2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.05.15 (Tue)

学習会「放射線副読本ってなんだろう?』知ることからはじめよう~

一億総洗脳!

小沢一郎は金に汚れた極悪政治家だーーー!

借金1000兆!日本は財政破綻するーーー!第二のギリシャだーーー!

だから消費税アップだーーー!

火力発電の燃料費増大で電気料金値上げだーーー!

以上、根拠のない噂話レベル、もしくは真っ赤な嘘でございます。

テレビばかり見てるとアホになりますよ!

そして教育現場でもどー考えてもおかしいだろってような洗脳が行われています。

原発事故以前は皆さんご存知の安全神話を子供達に叩き込むために、そして今期からの副読本では放射線って自然界にも普通にあるし~医療現場でも使われてるし~安全なものなんだよ~的なものに仕上がってます。

この状況に異を唱える教職員の方々もいます。

今回の講師を務めるのは教職員の方です。

私は教職員でもなければ公務員でもないので分かりませんが、勇気のある行動だと思います。

真狩は本日でしたが、明日は倶知安、明後日はニセコで開かれます。


以下コピペ


子どもたちが毎日学校で使っている「教科書」は、国の検定を通ったものから選ばれています。

このほかに学校では、教科書以外にも、「副読本」という補助教材を使うことがあります。

しかし、これらに検定はありません。

今年度、北海道のすべての子どもたちに、国から「放射線副読本」が配られる予定です。

保護者のみなさんも、ぜひ、この副読本について知ってもらいたいと思います。


ゲスト:安斎 由希子氏 余市町在住 有機農業家

講 師:後志管内教職員(各会場による)

日 程:

5/15(火)10:00~真狩社会福祉センター会議室
 
講師 渡辺 豪氏 (問)090-4254-7707 イシグロ
             
090-4167-0405 サガワ

5/16(水)10:30~コープ倶知安店2F第3サークル室

 講師 斉藤 一郎氏(問)0136-22-2058 フジモリ

5/17(木)18:30~ニセコ町民センター2F研修室2

 講師 神  貴夫氏(問)090-5989-4822 アキモト

*各会場お子様連れでの参加可能です。

以上。

振るって参加下さい!
スポンサーサイト
22:00  |  環境問題  |  トラックバック(1)  |  コメント(0)

2012.05.11 (Fri)

エネルギーフェスタ in ニセコ

41606_305798749487546_875738121_n.jpg


明日です!!

新しくなった町民センターで開催されます。

今、考えるべきこと、やるべきこと

それは小沢裁判の行方について、ヤンヤヤンヤの大祭りすることではないと思います。


農業革命、産業革命、IT革命に続く第四の革命。


第四の革命・エネルギーデモクラシー


Facebookはこちら


エネルギー・フェスタinニセコ

「エネルギーの地産地消へ、世界に学び、ニセコを考える」

近年、国内外のエネルギー問題への関心はおおいに高まっています。このイベントは、ニセコ自然エネルギー研究会の目的である、自然エネルギーの普及、啓発活動の一環として、映画上映と講演などを行うものです。


日時/2012年5月12日(土)午後1時開場

場所/ニセコ町民センター(大ホール)


内容
○ 上映会(90分)/「第四の革命・エネルギーデモクラシー」上映。2010年にドイツで公開されたドキュメンタリー映画。世界の事例を示し、自然エネルギーへのエネルギーシフトの可能性を、様々な角度から分析、紹介する内容で、ドイツのエネルギー政策の転換に大きな影響を与えた。国内での公開は本年1月からの旬な映像。
http://www.4revo.org/
https://www.facebook.com/4revo

○ 講演会(60分)/吉田文和(よしだ ふみかず)北大大学院経済学研究科教授

○ パネルディスカッション/吉田先生、大坂道明先生(ニセコ高校)、竹内聖氏による。「エネルギーの地産地消へ、世界に学びニセコを考える」

○ パネル展示(60分)/自然エネルギー研究会、参加企業、ニセコ高校などによるパネル展を行う。主催者/ニセコ自然エネルギー研究会
07:13  |  環境問題  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.03.07 (Wed)

「チェルノブイリ・ハート」ニセコ上映会

告知遅れました!明日からです!

ですが明日のあそぶっくはチケット完売した模様ですので、金曜日の公民館でどーぞ。

震災、原発事故からもう一年が過ぎようとしてます。

原発、放射能・・・正直もううんざり、悪意はないけど何を信じていいか分からない。

そんな方も多いはず。

あの日から一年が経ちマインドをリセットしたところで、もう一度考えてみましょう。

残念ながらこの問題からは逃れることはできません。

先送り、見てみないふりをしてきた結果が現状です。

答えがどうであれ、私達が考え選択しなければなりません。

この期に及んで思考停止は罪です。



「チェルノブイリ・ハート」ニセコ上映会

日時:2012年3月8日(木)10:00開場 10:15開演
会場:学習交流センターあそぶっく (ニセコ町役場前)子連れ鑑賞可

日時:2012年3月9日(金)18:00開場 18:30開演
会場:ニセコ町公民館講堂 (ニセコ町役場となり)

入場料:500円(高校生以下無料)

         同時上映
  「放射線内部被曝から子どもたちを守るために」

  上映終了後、質問コーナー&懇談会を行います。



1986年4月26日、旧ソビエト連邦(現ウクライナ)のチェルノブイリ原子力発電所4号炉が爆発
事故を起こし、放射性降下物はウクライナ、ベラルーシ、ロシアを汚染した。

原発事故から16年・・・

チェルノブイリにほど近いベラルーシでは現在でも、新生児の85%が何らかの障害を持っている。

チェルノブイリハートとは、”穴の開いた心臓“(生まれつきの疾患を持つ子供)の意味。 

アメリカ人の女性ドキュメンタリー作家がベラルーシ共和国を訪れ、

今なお局所的な高濃度汚染地域”ホット・ゾーン”の村に住み続ける住民、

放射線治療の現場、小児病棟、乳児院の実態に迫る。

        第76回アカデミー賞でドキュメンタリー短編賞を受賞



主催:「チェルノブイリ・ハート」上映実行委員会 共催:後志平和運動フォーラム

後援:北海道新聞社 NPO法人チェルノブイリへのかけはし ニセコ町 ニセコ町教育委員会

地域主催:チェルノブイリ・ハートを見る会・ニセコ

ニセコ上映会問い合わせ先:吉川080-2569-2929/斉藤080-3114-3162

チケット取扱店:ニセコ駅前温泉綺羅乃湯・茶房ヌプリ・丸和農産(株)・前田商店・酒肴らくだ 




22:41  |  環境問題  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.11.17 (Thu)

真実はここにある

TPPでテレビも新聞も大祭り状態だった先週末、この騒動の隙に狙ったように福島第一原発が大手メディアに公開されました。

実際はバスで原発周辺をぐるっと一周しただけで、バスから降りることも無し、TPP騒動でもちろん扱いも小さかったです。

が、真実は真逆です。









今回のTPP騒動でいいかげん気付いた人もいくらか増えたと思いますが、この国は情報統制されています。

APEC直前まで情報を小出しし、なるべくアホな国民には気付かれないように得意のスケープゴートを作り、あたかもTPPとは良いものだと世論を誘導していた。

関税自主権を失うということは独立国家ではなくなるという事です。

TPPは関税云々、グローバリゼーション云々という話ではなく、主権の問題です。

ちなみに今、グローバル云々のお手本的EUが矛盾をかかえ、崩壊も視野に入ってきました。

良いじゃないですか、米ぐらい守っても。

あ、ちなみに日本は充分に開かれた国です。

農産物の関税も決して高い訳ではなく、UEよりも日本は低いです。

大手テレビ、新聞は知らないこと、知らされてないことをいいことに、多くの国民を上手く洗脳しています。

一億総洗脳国家!

ですよ。
07:26  |  環境問題  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.11.15 (Tue)

11/20 原発出前授業

チラシ校正後その2


今週末は子連れで是非!

何が何でも反原発!原発推進!はとりあえずちょっと置いといて、簡単で分かりやすいお話が聞けます。

日本の国土はこれから長い間、放射能汚染されるという現実だけは受け入れなければなりません。

軽い気持ちでご参加下さい!


原発出前授業・子どもから大人まで

-これならわかる!原発と放射能のお話-

小学生、中学生、高校生の皆さん、そして保護者の皆さん。
3月11日に起きた、地震と津波。テレビで見た人も多いと思います。
とても大きな災害でした。
その時に福島県の原子力発電所が爆発したことは知ってますね?
その時、「放射性物質」というものが、空気中や海にばらまかれてしまいました。
このことは、今北海道に住んでいる皆さんの将来にも関係のあることです。
この機会に3月11日に何が起きたのか!
高校の先生、川原茂雄先生に教えてもらいましょう。
そして、これからどうしていったらいいのか一緒に考えてみませんか?

日   時:11月20日(日)  9時30分開場
            10時開始~12時終了

場   所:ニセコ町公民館講堂

講   師:川原茂雄さん(現役高校教師)

参 加 費:無料(福島の子どもたちへの救援カンパあり)


 講師、川原茂雄先生は1957年長沼町生まれ。授業で原発について話すようになったのは
初任地の下川商業高校にいた1980年。下川町が高レベル放射性廃棄物の処理場の候補地に
なったのがきっかけでした。
   その後、他校に異動し原発の授業はしなくなってしまいましたが、今回の福島原発事故が起
って、原発がどういうもので、放射能はどういう影響があるか、それを生徒たちに語ってこな
かったことを反省。
   専門家ではないけれど、「本当のことを伝える素人」として市民に分かりやすく伝えたい。今
はそう思って出前講座を続けられています。


主催:脱原発ネットワーク・ニセコ

080-2569-2929 よしかわ




06:40  |  環境問題  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.09.27 (Tue)

真狩村&喜茂別町も脱原発意見書採択!

本日(9月27日)、真狩村議会、喜茂別町議会にて「北海道地域防災計画の早期見直しと北海道電力泊原子力発電所の段階的運転停止、計画的廃炉、第3号機プルサーマル発電計画の撤回を求める」意見書が採択されました!


泊原発から30キロ圏の後志管内における「泊原発の(段階的)停止・(計画的)廃炉を求める意見書」の採択状況ですが


余市町、倶知安町、赤井川村、ニセコ町、仁木町、古平町


本日の真狩村と喜茂別町を加えて泊包囲網に大きな力が加わりました。

さらに近日中に蘭越町、積丹町なども結果が出ます。

みなさん、要注目です!


やたーーー!

20:06  |  環境問題  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.09.20 (Tue)

ニセコ町議会、脱原発意見書が採択されました!

本日(9月20日)開催されたニセコ町議会において、脱原発ネットワーク ニセコが陳情していた「北海道地域防災計画の早期見直しと北海道電力泊原子力発電所の段階的運転停止、計画的廃炉、第3号機プルサーマル発電計画の撤回を求める」意見書が

全会一致で採択されました!

ニセコ町議会は町民の意見として泊原発にNoを突き付けることになりました。


やたーーー!


22:43  |  環境問題  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.09.20 (Tue)

「さようなら原発1000万人アクション」

昨日19日の東京明治公園。

9.jpg


もんの凄い人です!

6万人です!

もっと居たんじゃないかって話もありますが、主催者発表で6万人、2万5千人なんて委縮報道してたメディアも数社あったり、今朝のニュース番組ではほとんど報じられていなかったようです。

お隣の国のことバカにしてる場合じゃないですよ~

ただ漫然にテレビ、新聞から垂れ流される情報だけで価値判断していると気付いたら・・・

いえ、もうすでに国際社会からは北朝鮮同等の国家、いや見捨てられちゃってますよ。

いや、骨の髄までしゃぶってやろうかって言われているでしょう。

例えば環太平洋、とくに中国さんなんかは原発事故による海洋汚染賠償なんかで~

アメリカさんはもちろんTPPっすよね~


もちろん、知らないのは当の日本人だけ!



22:38  |  環境問題  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。